Category: blog

天の戸 11月のトンボ (ごんべー)

暦の上ではもう冬なのだが今年はまだトンボが元気に飛び回るほどの暖かさだ

太陽がやや西に傾いた頃、隣の空き地では温まった石ころの上でトンボが羽を休めていた

酒造りには向かない日々が彼らにとっては天国のようものなのだろう



天の戸 あの虹を見たか (ごんべー)

先日の夕方のことだった。

下校途中の小学生が、「あっ虹だっ」と指差す方向を見ると

見事な虹が大きな弧を描いて茜色になりかけた空を彩っていた。

虹はカメラに収まる時を待って消えていった。

 



天の戸 見たことのない風景 (ごんべー)

空き家だったお隣さんの家が解体され今まで見たことの無い角度から蔵が見られる

新しくも無い風景なのだが初めて見る角度からなので新鮮に映る

近い将来にまたここは違った風景が見られるようになるはずだ

 



天の戸 暦通りに (ごんべー)

冬の便りは空からやってくるのではなく地面からやってくる

夜の冷え込みが厳しくなり地面が氷付き霜が立つ

少しづつ地温が下がり空からの使者を待ち構えているのだ



天の戸 初冠雪らしい (ごんべー)

初冠雪の噂を聞いて雲が晴れた夕方にその姿を見ようとしたが

見ての通りのシルエットしか見ることが出来なかった

遠くに白鳥の声を聞きながら冬の訪れを感じた夕暮れだった