Monthly archives: 2月, 2014

天の戸 雨水 (ごんべー)

_MG_2137

P箱、米、仕込みの足場、積み重ねられたものから見える蔵の中の時の流れ

時間は費やすものではなく重ねていくもの、時間は止まってはくれない

一つ一つをしっかりと積み重ねていく、それが人生



天の戸 雨水 (ごんべー)

IMG_1309

醪が入れられた袋が一枚また一枚と積み重ねられていく。

動作としては一見単純に見える作業だが単純が故に精度が求められ職人技が光る仕事だ。

きれいな仕事は次のきれいな仕事へと継って行く。



天の戸 立春 (ごんべー)

IMG_1354

指先は語りかける、何をしているのか、何のためにしているのか

蔵人達のまごころをも包み込んでの旅支度

どんな出会いが待っているのだろうか

送り出す母の手のぬくもりは消えることはない