Monthly archives: 3月, 2014

天の戸 雪解け (ごんべー)

_MG_2239

先日まで毎日のように搾ったら剥がしての酒粕剥がしの作業が続いていた。

来る日も来る日も酒袋を揉んで内側にこびりついた酒粕を丹念に削ぎ落とす。

力まかせだけではやり通せない忍耐の仕事だ。



天の戸 春分 (ごんべー)

 

 

IMG_1660

品種改良という名のもとに星の数ほどの米が生まれては消えてゆく

その中で選ばれし米だけが醸しだされ米の雫へと生まれかわる

今宵はどの米の雫と恋に落ちようか

楽しみは尽きることがない

 

 



天の戸 春分 (ごんべー)

 

 

IMG_1651

じっと見る、詰める前にも詰めてからもじっと見る。

ビンはきれいに洗い酒はフィルターを通しているので何もないはずだがじっと見る。

じっと見るのも酒屋者の仕事だ。



天の戸 乾杯 (ごんべー)

_MG_2595

幸せのカタチは、自分が求めたところにある

求めなければそれは訪れることはない

そう信じて前へ進もう

幸せのカタチが必ず見つかるはずだ



天の戸 あれから (ごんべー)

_MG_2531

あれから、どれくらいの涙を流したことだろうか

あれから、どれくらい変われたのだろうか

あれから、どれくらい前に進めたのだろうか

そう、あれから三年の月日が経っているのに