_MG_5169

仕込みが終わり南の方からは花のたよりが聞こえるころ

蔵の中ではパズルを組み込むかのように、ところ狭しとビンに入った酒が積み込まれる

酒は静かな蔵の中で色づき、やがて琥珀の時を迎える