_MG_0320

コンバインを田圃にい入れ刈り取りを始めると、それまでは直立していた稲が一気に倒れ始めた。

田圃に中では、稲同士が支えあって実りの時を待っていたのだった。

人が誰かにもたれ掛かりり支えあいながら生きているのと同じに見えた。