_MG_0937

熟した色に変化した杉玉に黄昏色の光が差し込んでいた。

熟した色は終わりの色ではなく始まりの色なのだろうか。

明日を迎えるための色なのかもしれない。