Monthly archives: 11月, 2016

天の戸 笑談 (ごんべー)

_mg_2006

蒸米が上がる時間を控え甑の前で笑談する二人。

笑うことで和み、笑うことで人の和が生まれる。

蔵人の笑顔が酒を醸す。



天の戸 相棒 (ごんべー)

_mg_2051

上槽の時期が間近に迫り、その準備にをする二人は親子ほどの齢が離れている。

槽の組み立て方、袋の折り方、重ね方、その後の搾り方等々伝えることが山ほどある。

怒らず叱らず諭すように一つ一つ袋を重ねるように仕事を手渡していく。



天の戸 仕事とは (ごんべー)

_mg_2025

蔵人仕事の始まりと終わりは道具を洗い清めること

洗い清めることは酒造りの基本

きれいな仕事はきれいな酒へとつながっている



天の戸 繰り返す日々 (ごんべー)

_mg_1939

何年、何十年同じ作業を繰り返す日々の中で仕事は少しづつ進歩を続ける。

同じことを繰り返す中で、その積み重ねが学習の基礎となる。

繰り返す日々が未来を切り拓く。



天の戸 初雪 (ごんべー)

_dsc2994

また降ってきた。白いものが降ってきた。頼みもしないのに降ってきた。

全てを覆い尽くす白いもの、天からの使いの者に違いない。

白い季節は醸しの季節、天の恵みを天の恵みで醸す。