Monthly archives: 12月, 2016

天の戸 背中 (ごんべー)

背中には顔は付いていないが表情がある

その人の背中が、その時のココロを見せてくれる

自分では見えない背中

憧れの眼差しで見られるような背中でありたい



天の戸 中山10R (ごんべー)

居場では年に一度のお祭りが始まった

色々な組み合わせがあり一人として同じ組み合わせがない

最後に笑ったのは誰でしょう



天の戸 冬の花 (ごんべー)

凍てついた夜空に花が咲く

咲いては散る一瞬の光の花々

その一瞬の美しさにココロ惹かれる



天の戸 横顔 (ごんべー)

3e8a9864

横顔、人の顔の半分しか見えないけれど、その人の顔が見える

横顔、その人の視線がはっきり見えてくる

横顔、その反対側の横顔は、もっといい表情をしているかもしれない



天の戸 家路 (ごんべー)

3e8a9829

初冬の夕暮れは早く、仕事が終わった頃には真夜中の様相である。

そんな中、仕事を終えた女たちは買い物袋を片手に家路を急ぐ。

頭の中は帰ってからの家事の段取りでいっぱいなのだろう。

一家団欒が在るのは働く女たちのお陰だ