今期最後の槽掛けが終わり搾り出される雫の行方を見守る西田さん

足掛け六ヶ月の長い槽掛けの道のりを思い出しているかのようにも見える

その視線の先にあるものは半年後にここに戻り槽掛けをする姿なのかもしれない