Monthly archives: 8月, 2019

天の戸 白い波 (ごんべー)

今日は何を撮ろうかと田んぼへ思いを馳せるとやはりここに来てしまう

頭を垂れ始めた稲穂に西日が当たり田んぼ一面が白く輝いいて見える

時間を追うごとに変化する田んぼをじっと見ていた夕方だった



天の戸 思い出 (ごんべー)

思い出の中の人になってしまったけれど思い出の中で生きている

写真は色あせてしまうけど思い出は色あせることはない

たくさんの思い出をありがとう



天の戸 この風景 (ごんべー)

真夏の暑さに霞んで見えるこの風景の中にもうあの人とはいない

だがこの風景の中で思い出とともに生き続ける

この風景と共にその思いをびんに詰めたい



天の戸 揺れて揺られて (ごんべー)

台風からの熱波が容赦なく稲の体を揺らし続ける

まだ実入りの季節ではないので倒れずに耐えていられる

黄金色姿になっても負けずに立っていられることを願う毎日だ



天の戸 蝶になる (ごんべー)

美山錦の田んぼを見回っていると田んぼの真中に黄色い姿が見えた

こうして3頭もの蝶が稲穂に停まっている事は珍しく田んぼの中へ入り撮影してみた

畦に生えた芹を食べて育った幼虫が羽化して羽を休めていたのだろう