天の戸 待つ (ごんべー)

_mg_1893

日が沈み昼から夜へと切り替わる時

青空を焦がした光が様々なグラディエーションを描いてくれる

今日一番の美しい輝きを求め静かにその時を待つ