天の戸 狼煙 (ごんべー)

降り続いた雪が止み青空の広がる朝に煙突からの煙が立ち上る。

煙が見える訳は厳しい寒さの証でも在る。

ここにおいては大吟醸の仕込本番を告げる狼煙とも言えよう。