天の戸 うねり (ごんべー)

季節は間違いなく巡り巡る。

そのうねりの中かで人は寄り添い、笑い、嘆き、悲しみ、怒りを分かち合う。

繰り返す日々、巡り来る季節、人は生かされている。