天の戸 知恵と技 (ごんべー)

声なき者の声に耳を傾け、見えない者の姿に目を凝らしつくりあげられた技

道具を生み出し、見えない者の姿を捉える

そこから生み出された黄金色の雫が酒と呼ばれる