天の戸 休憩 (ごんべー)

仕込みの終盤のこの時期は大吟醸の袋吊りと重なり午前中は休む暇がない

午後の休憩は蔵人が居場に集まりまったりと賑やかな時間となる

そんな時間も客の案内に忙しい杜氏にとって休憩の文字は見当たらない