天の戸 労いの宴 (ごんべー)

蔵人たちが今季の全ての仕事を終え、ここを離れる日が来た。

それぞれの思いを語り合い酒を酌み交わす。

半年後、またここで仕事をするための契の宴でもある。