天の戸 空中散歩 (ごんべー)

ひとつ、またひとつと気球が大空へ舞い上がっていった。

高く遠くへ風を読み風を捉え飛んでいく。

大空への憧れが生み出した乗り物は風と共に飛んでいく。