天の戸 沃野 (ごんべー)

水在るところに人が集まり、肥えた土に稲を育て人を育てた。

その営みが絶えることなく繰り返されて来たことで今がある。

その繰り返しの中で人は日々学び明日を切り拓く。