天の戸 晴れ間 (ごんべー)

梅雨に入り、お日様が恋しい季節となった。

朝露をいっぱいに身にまとった稲の葉っぱは水面まで垂れ下がっていた。

茎を増やし葉っぱを増やし次に世代に向けた成長が続く。