天の戸 百年 (ごんべー)

創業百年、そこは通過点であり終点なき道の途中である。

その重ねた時間を受け渡す者と受け取る者とが道を切り拓いてきた。

日々始まりの時であり終わりなき道を歩み続ける。