天の戸 星あかりを刈る (ごんべー)

重く頭をたれた稲穂をコンバインが勢い良くかき上げて行く。

農民にとってココロ踊る瞬間であり収穫の手応えを感じる瞬間でもある。

この米の一粒一粒に春からの丹精が詰まっている。