天の戸 初霜 (ごんべー)

この時期の星空がきれいな夜は放射冷却が起きて翌朝の冷え込みが厳しい。

そんな夜のトンボたちは地面より幾らかでも高いところを見つけ一夜を過ごす。

日が昇り体が温まると羽ばたきを始め大空へと飛び立つ。