天の戸 風に吹かれても (ごんべー)

梅雨に入り南東のからヤマセが吹き付けられる中で稲はその寒さに必死に耐えている

田植えから三週間、根っこは地面をしっかり掴み茎と葉っぱを支えている

根っこがしっかりしていれは嵐でも日照りでもその成長は止まることがない