天の戸 隙青の空 (ごんべー)

鉛色の雲が徐々に姿を消し青空が顔を出し始めた夕方だった

梅雨の季節は、とにかく青空が恋しくなる

貴重なお日様を浴び稲たちは明日への体力を蓄える