天の戸 霧中 (ごんべー)

視界50メートルほどだったが風の流れと共に眼の前の風景がどんどん開けて行く

霧が立ち込めるような地形がいい酒米を育てると言われている

恵まれた条件の中で今年の出来秋の手応えを少しづつ感じている