天の戸 亀の尾再び (ごんべー)

日が西に傾きかけた頃にカメラを担いでここへやってきた

山の向こうにお日様が沈むまでシャッターを押し続ける

納得の一枚が撮れるまでにはもう少し時間が必要なようだ