天の戸 初冠雪らしい (ごんべー)

初冠雪の噂を聞いて雲が晴れた夕方にその姿を見ようとしたが

見ての通りのシルエットしか見ることが出来なかった

遠くに白鳥の声を聞きながら冬の訪れを感じた夕暮れだった