天の戸 輝き (ごんべー)

仕込みが始まるまでの僅かな時間をぼんやりと過ごしていると

いつもとは違う角度からの眺めが輝きを放ち目に飛び込んできた

朝の光が見せてくれる眩しいひとときだった