天の戸 イメージ (ごんべー)

搾りたての槽口を含み熟成の時期を見極める

一冬で仕込む酒は人々の口に入る場面をイメージしながら造る

それがどんな場面なのかは酒が教えてくれる