天の戸 雫を集めて (ごんべー)

槽に積み重ねられた袋から溜り落ちる雫が集まり流れとなって現れる

点と点を集めて酒を醸し線になったもが再び点となり線となり酒が出来上がる

様々な点の組み合わせは無数で小さな宇宙がここに生まれる