天の戸 青い穂 (ごんべー)

主なき美山錦の田んぼでは稲穂が出揃い朝露の中で眩しいほどに輝いていた

美酒の設計は道半ばでこれでいいのだろうかとオロオロするばかりだ

毎日田んぼに通いその声を聞きに行くのだ