天の戸 この風景 (ごんべー)

真夏の暑さに霞んで見えるこの風景の中にもうあの人とはいない

だがこの風景の中で思い出とともに生き続ける

この風景と共にその思いをびんに詰めたい