醸す しぼり納め

令和元年度の上槽が終わりを告げようとしている

今年の作業は若手とベテランとが入れ替わりながらの一冬だった

この光景も天の戸の酒の味わいのひとつなのだろう