醸す 朝もや

時が止まってしまったような世の中だが静かに時は流れている

昨年までの見慣れた風景が新しい時代に向けて変わりつつある

その時を見つめながら逝ってしまったあの人の思いがここにある