耕す 夏水仙

農道脇にこれから照り付けお日様をる仰ぐかのように夏水仙が咲いていた

ここに球根を持ってきた記憶はないがいつかしら咲くようになった

暑さを忘れさせてくれる清々しい色だ