耕す ひこばえの思い

ひこばえから新たな稲穂が顔を出していた

次に繋がる命ではないのだが今ある命を燃やし続ける

生きること命をつなぐことの姿を教えてくれている