天の戸 夏至 (ごんべー)

_MG_4379

葉っぱは太陽を求め上へ上へと伸びる。

根っこはそれを支えるために大地に広く深く伸びていく。

その姿は稲も人も同じだと語っているようだ。