天の戸 処暑 (ごんべー)

_MG_5587

午前十時、稲の開花時間に合わせて田圃に行ってみる。

田圃一面に咲いた稲の花の一番きれいな花を撮ろうと畦をウロウロしていると

ヒメヒラタアブが花粉を求めてか遊びに来てくれた。

写真の素材も半径五キロ以内に広がる世界で満たされている。