天の戸 処暑 (ごんべー)

_DSC2139

夏の夜のボレロ、光に酔い、酒に酔い、友との話に酔う。

花火は一瞬の光のショー、二度と同じものを見ることが出来ない。

だからこそ心に染み入るんだろうね。

雨にたたられた8月いつもより短い北国の夏が終わろうとしています。