天の戸 点と線 (ごんべー)

_MG_1611

米のひと粒が酒のひと雫へと生まれ変わり
流れとなって現れる。
それぞれの生命を紡ぐことが蔵人の仕事だ。