天の戸 水と米 (ごんべー)

_MG_2267

水で育った米が酒と成るためにその水と再び出会う時が来た。

乾いた喉を潤すかのように米が水を吸い始める。

やがて米と水とが一体となり酒の味をかたち造っていく。