天の戸 記憶 (ごんべー)

_MG_2719

今日も米を蒸し上げた蒸気が空へと駆け上っていく。

蔵の空気を全身に受け賑やかな時は蔵人の声を聞き静かな時は醪の声を聞き

何千回と繰り返されてきた営みを見守ってきた道具がここにある。