天の戸 目覚め (ごんべー)

_MG_3689

ふと足元を見ると昨秋に落ちた欅の種が芽を出して小さな並木を作っていた。

真上に在る親の木は冬の眠りからはまだ醒めて居ないようで枝の先は色づいていない。

小さな欅たちは春の光を一杯に浴びて上へ上へと伸びていく。