天の戸 朝の雫 (ごんべー)

_MG_0239

毎年、毎日、見慣れているはずの風景なのだが

朝日に光り輝くその姿に目を奪われる

稲の営みの響きに引きつけられる瞬間がここに在る