耕す ジャガイモの花

梅雨入りを前にしてジャガイモの花が咲き始めた

暑過ぎず湿度も低いので一年の中で今が一番過ごしやすい時期だ

この時期を過ぎると湿度と暑さの戦いの日々が始まる



耕す それぞれの鳥海山

梅雨前の澄んだ青空を背にして鳥海山がくっきりと見えている

ここは副杜氏の菅原君の美山錦の田んぼからの眺めだ

それぞれの田んぼからそれぞれの鳥海山が見えている



耕す 半径5㎞

酒蔵から半径5㎞の北の端っこの田んぼをドローンで撮ってみた

画質はやや落ちるが思ったより綺麗に写っていた

視点を変えてみると見えないものが見えてくるのはカメラだけではない



耕す この風景

田植えが終わりこの風景を求めて山の上に登ってみた

向こうの山岸まで真っ赤に染まる田んぼが広がっている

この風景の中で酒が育まれていく



耕す 土を耕し酒を授かる

「土を耕し酒を授かる」とは森谷杜氏が残していった言葉である

そして今年もこの田んぼに美山錦が杜氏の息子によって作付された

受け継いだ者がその足跡をしっかりと踏みしめ歩みを始めた